ビジネスネーム

ビジネスを成功に導く!ビジネスネームの決め方に迷う人におすすめの占い屋ホシゾラ

ビジネスを成功に導く!ビジネスネームの決め方に迷う人におすすめの占い屋ホシゾラ

最近はビジネスネームを使って仕事をする人も多いですよね。

 

ビジネスネームはビジネスとプライベートを分けられるという意味で便利なだけでなく、仕事運をアップさせてくれるものです。

そのビジネスネームの決め方で悩み、結局しばらく本名で仕事をするような人もいるでしょう。

 

しかし、せっかく一度は悩んだのならビジネスネームで仕事をしなければもったいないですよね。

実際に、今後ビジネスで付き合っていく名前という意味でもビジネスネームは”付けて良かった”と思う人が多いものです。

今回は、自分の仕事で大切なビジネスネームとその決め方について解説します。

この記事を書いた人:飛鳥宗佑
姓名判断歴:12年、ビジネスネーム作成実績:351件(2024年1月1日現在)、埼玉県越谷市在住の1981年生まれの男性⇒飛鳥宗佑の詳しいプロフィール

一般的な職業は本名を使う

ビジネスネーム決め方

会社員など多くの職業では、基本的に本名が使われています。これを基本としている企業ではビジネスネームを名乗りたいという希望が認められず、全員が自動的に本名で仕事をすることになるのが特徴です。

 

ただし、一般企業にも例外はあります。

それは、担当するお客様が多い女性が結婚したときに旧姓を使ったり、家族経営で父と子が同じ会社で働いているときに子は母方の旧姓を使ったりすることです。

 

他にも、社内限定にはなりますが、同じ部署に同じ苗字の人がいたときに、後から入社した人を下の名前で呼ぶなど、工夫されることも多いでしょう。飲食店でも苗字ではなくファーストネームが書かれた手書きの名札を従業員が付けているお店がありますが、それもビジネスネームのひとつの形です。

 

ファーストネームやあだ名を名札に書くことによって、女性従業員のストーカー被害のリスクを軽減できるのもメリットのひとつだと言えるでしょう。名札には本名を書く必要がないので、例えば「みゆき」だったら「みー」や「みき」と書いても自由です。

 

これは、お客様からの親近感アップにもつながる良い取り組みでもあり、慣れた常連客は注文を入れたいときに従業員を呼ぶとき、「すみません」ではなく「〇〇ちゃん」と呼びかけることもあるでしょう。

 

最近では、社員全員が本名でなくビジネスネームを使う取り組みをしている企業もあります。ビジネスネームを導入することで、社員が好きな名前を名乗り、その名刺がお客様との会話のきっかけになるかもしれません。インパクトのある名前でも自由な決め方ができるビジネスネームは、個性が尊重されて社員のモチベーションを上げるきっかけにもなるでしょう。

 

 

ビジネスネームを使う職業とは?

ビジネスネーム決め方

会社員でビジネスネームを使うことはまだ一般的でないですが、中には本名でなくビジネスネームを使うことの方が多い職業もあります。

 

それは、芸能人や作家、漫画家のように本人や作品を売りにする仕事です。これらの仕事はビジネスネームによって売れるかが左右されることはもちろん、本名を公開することで熱烈なファンから身を守る役割もあります。

 

また、これらの職業のビジネスネームの決め方は自由度も高いため、好きな言葉や漢字を入れたり、占い師の鑑定でビジネスネームを決定したりする人もいます。

 

ビジネスネームの決め方に決まりがないので、インパクトのある名前や個性のある名前が多いのも特徴のひとつです。

 

早速、ビジネスネームの決め方を職種別に見ていきましょう。

 

 

芸能人

芸能人のビジネスネームは一般的に芸名と呼ばれます。逆に、本名で芸能活動をしている芸能人は、芸名ではなく本名と言われます。

 

芸能人は自分の本名の一部を使ったビジネスネームや、事務所から提案されたビジネスネームを使うことが多いですよね。

 

その他、アイドルグループやバンドなど複数のメンバーで活動している芸能人は、全員が名前の表記を統一させることも多いです。

 

例えば、全員を下の名前の英語表記にしている場合、所属メンバーの全員の芸名を同じ決め方にして、ファンに覚えてもらいやすくすることも多いですよね。

 

 

作家や漫画家

作家や漫画家のビジネスネームはペンネームと呼ばれていて、作家自身が決めることがほとんどです。

 

決め方も人それぞれですが、中には編集者に言われたことを参考にペンネームを決めている人もいます。

 

作家の中にもそのような人はいますが、特に漫画家は自分自身の顔を見せることなく、読者に対してビジネスネームと作品で印象づける仕事です。

 

ビジネスネームの決め方はそれぞれの由来がありますが、個性的なストーリー性のあるペンネームは話題になって覚えてもらいやすく、作品を手にとってもらうきっかけにもなります。

 

作家や漫画家の中にも、成功のために占い師にビジネスネームを決めてもらう人もいます。

 

 

フリーランス

最近のフリーランスは幅が広く、アナウンサーや芸能人はもちろん、SEやWebライター、デザイナーなどたくさんの職種の人が活躍していますよね。

 

そのようなフリーランスでは自分の名前を武器に活動していく人もいれば、ゴーストライターのような働き方をしている人もいるのがフリーランスの特徴です。

 

フリーランスでは自分の名前が出るときに、本名ではなくビジネスネームを使う人が多い印象がありますよね。

 

特に、最近流行しているクラウドソーシングを利用して活動しているフリーランスは、本名を使うことが少ないでしょう。

 

なぜなら、今は集客にSNSを利用する時代でもあり、Instagramや Twitterで集客するフリーランスではクラウドソーシングで使っている名前とSNSでの名前を統一させることも多いからです。

 

ビジネスネームの決め方も人それぞれで、本名の一部を使う人や苗字または名前はそのままでもう片方を好きな名前にする人、本名とはまったく違う名前にする人がいます。

 

 

ビジネスネームで仕事をしたい人が多い理由とは

ビジネスネーム決め方

今は職種にもよりますが、ビジネスネームで仕事をする人が増えていて、好きな名前で仕事をすることが仕事のモチベーションにもつながりますよね。

 

ビジネスネームで仕事をしたい人が多い理由には、ビジネスとプライベートの区別をつけたい人が多いことや、画数が悪いことが気になる人、本名がキラキラネームでビジネスに適さないと考える人などさまざまなパターンがあると言えるでしょう。

 

特に、YouTuberを含めたインフルエンサーや芸能活動をする人は、仕事をすることによってファンが増えていきます。

 

ファンが増えることによって収入アップや仕事の機会が増える仕事をしている場合、本名を使うとどこに住んでいるかなどの個人情報がバレることにもなりかねません。

 

それによって、実際にストーカーに遭ってしまった芸能人やYouTuberもいるので、住んでいる家まで特定されたとしても、部屋までは特定されないようにするためにもビジネスネーム を使うことが有効です。

 

仕事で本名ではなくビジネスネームを使う3つの代表的な理由をご紹介します。

 

 

本名の画数が悪い

両親が名付けをしてくれたとき、画数にはこだわらないで響きだけで名前を付けられた人もいますが、実は画数はその後の運命やビジネスチャンスをつかむためにも重要なもののひとつでもあります。

 

例えば、芸能人でも本名や芸名で画数が悪いと占い師から指摘を受けたためにビジネスネームを変更し、話題になった人もいますよね。

 

ただし、既にその名前で有名になっている人がビジネスネームを変更すると、同一人物だと一致しなくなってしまい、周囲を混乱させることもあるでしょう

本名の画数は苗字+名前という単純なものだけではなく、見るべき画数のポイントはいくつもあります。

 

総格はもちろん、家庭運や仕事運を示す画数もあり、そのすべての画数が良い人はなかなかいません。

 

本名の画数であればどんなに画数が悪くても、それだけの理由では簡単に改名することができないため、画数が悪いことを受け入れなければいけないですよね。

 

もちろん、画数が悪いからといって全員がその画数通りの人生となる訳ではありません。

 

しかし、仕事で使うビジネスネームが仕事運だけでなく、金銭運や家庭運までのさまざまな運勢をアップしてくれる可能性もありますよね。

 

そういった意味でも、ビジネスネームを使うことは有効で、少しでも自分の運気をアップしてくれる画数の名前をビジネスネームとして選ぶ人も少なくありません。

 

 

結婚後に画数が悪くなった

結婚して苗字が変わるのは女性の方が多いですが、苗字が変わったら全体的に画数が悪くなり、それを気にしてビジネスネームを検討する人も多くいます。

 

女性の場合は結婚後の混乱を避けるために仕事ではこれまで通り旧姓を使う人も多いですが、それ以外に結婚して苗字が変わったら画数が悪くなったという理由で旧姓を使い続けている人もいるでしょう。

 

基本的に画数は苗字と名前の組み合わせが重要です。そのため、苗字だけで見る部分もあるために、苗字が変わると画数が悪くなってしまうこともあるのです。

 

逆に、これまでの苗字では画数が悪かったのに、結婚したことをきっかけに画数が良くなる女性もいます。

 

そのような女性は、あえてビジネスネームとして旧姓を使わずに、結婚後の本名を使うようにすると良いでしょう。

 

 

キラキラネームにコンプレックスがある

現在の新卒にも既に多いのが、キラキラネームに悩んできた人です。キラキラネームは自分でつけた名前ではないので仕方がないのですが、まだ受け入れられにくいのが一般的です。

 

実際に、これまでキラキラネームで生活をしてきて、「名前の読み方がわからない」と言われたり、陰で名前について何か言われたりした経験のある人もいるでしょう。

 

真面目なビジネスの場に相応しくないキラキラネームの人は、取引先の人に名乗るのが嫌だと思うかもしれません。

 

キラキラネームは一時的に流行ったため同世代ではよくいるかもしれないですが、やはり社内全体で見ると浮いた存在になってしまいます。

 

その名前であったために成績優秀だったとしてもこれまで書類選考で不採用になってしまうという経験をしてきた人もいるため、そのような人はビジネスネームで仕事ができたらと考えるでしょう。

 

企業の会社員として働く場合には、これまでコンプレックスだと考えていた名前をビジネスネームとして決めることができ、本名を変える訳ではないので親との関係も厳しくならないのが良い点です。

 

難しいのはビジネスネームの決め方ですが、キラキラネームで悩んでいた人は芸能人とは真逆でどこにでもいるような名前を選ぶ傾向があります。

 

 

ビジネスネームで仕事をするメリットとは

ビジネスネーム決め方

ビジネスネームという言葉があるということは、それほど仕事とプライベートの公私を分けて仕事をしたいと考えている人が多いということでもありますよね。

 

実際に、フリーランスなどの本名を使うかを悩むような職種の人の中では、ビジネスネームを使っている人と本名を使っている人がいます。

 

例えば、ライターであったとしたら「いずれ自分の本を出したい」という思いがあってあえて名前を売るために本名を使っているパターンもありますが、近年増加しているWebライターでは記名記事が少ないため、本名を出す必要がないこともあります。

 

そして、本名を出すことは良いことばかりではなく、Twitterを荒らされたり誹謗中傷の対象になったときに取返しがつきにくくなったりするというデメリットもあるのです。

 

中には、「始めてみてから決めたい」と思っているうちに、日々の業務に追われてしまい、ビジネスネームの決め方を考えるだけでも面倒に感じてしまう人もいるでしょう。

 

しかし、これでは名前を売って仕事をするような職種の人にはもったいないですよ¥ね。記名記事が増えてきたら「〇〇さんの書いた記事だ!」とWebの仕事でも読者から思ってもらえるように、ビジネスネームを決めることはとても大切なことなのです。

 

ビジネスネームを使って仕事をする3つのポイントをご説明します。

 

 

お客様に覚えてもらいやすい

芸能人など他の人とは違う個性のあるビジネスネームをつける場合には、お客様=現場や業界の人、共演者、ファンに覚えてもらいやすい名前を意識してビジネスネームを決めるのがおすすめです。

 

もし、覚えてもらいにくい名前にしてしまったら、テレビにたくさん出ていても視聴者の印象に残りにくくなり、最初は覚えてもらいにくいでしょう。

 

視聴者同士がテレビを見た後の会話も、「〇〇に出ていたあの人誰だっけ?」となってしまい、顔と名前が一致するまでに時間がかかってしまいます。

 

もちろん、それでも成功している人はたくさんいるのですが、ビジネスネームの決め方は覚えてもらいやすさも重視してみてはいかがでしょうか。

 

 

本名が持つ悪い印象が変わる

ビジネスネームには本名が持っている悪いイメージを変えてくれる効果があります。これは、ビジネスという一日の中でも一生の中でも自分と長い時間を過ごすもののイメージをプラスに変えてくれる効果があります。

 

特に、本名に強いコンプレックスを持っている人にとってはビジネスネームを使えるという選択肢が増えることは嬉しいことで、相手に悪い印象を与えずに済みます。

 

ビジネスで相手に名前を伝えるのは、まだ相手との関係性ができていないときですよね。第一印象で大切なのは見た目だと言いますが、その第一印象の中には名前も含まれているのではないでしょうか。

 

つまり、名前というのは第一印象で与えた印象を覆すくらいのインパクトのあるものであり、真面目そうに見えた人がキラキラネームだと相手も反応に困ってしまうのです。

 

もちろん、苗字が難しくて読めない人も多くいて、そのような人はむしろ少数派のイメージが取引先や同僚との話のネタになるラッキーなものです。

 

しかし、ファーストネームのキラキラネームは同じように自分が決めた訳でもないのにもかかわらず、悪いイメージを与えてしまうこともあります。

 

そのような理由でビジネスネームを作りたいと思う人は、電話応対などでも名前の漢字の説明や聞き取ってもらえないことで苦労してきたという過去がある人も少なくないでしょう。

 

ビジネスネームを付けるだけでその悩みが解決するのであれば、ビジネスの中でのみビジネスネームを積極的に使っていくことをおすすめします。

 

 

名前が成功に導いてくれる

ビジネスネームをつける人の中には、ビジネスネームが自分の仕事の成功に導いてくれるために本名とは別の名前を使っているという人も多いですよね。

 

実際に、ビジネスネームには不思議な効果があり、画数が良い名前に変えた途端にビジネスが好調になってきたという人も少なくありません。

 

仕事は自分の生活の充実度や裕福で快適に過ごせるかということも左右するものなので、ビジネスネームを変えるくらいでは何も変わらないと思うのは間違いです。

 

実際に、それぞれの目的は違ってもビジネスネームを使って仕事をする人が多いからこそ、ビジネスネームという言葉が定着しているのであり、その需要は高まっていると言えるでしょう。

 

そのビジネスネームの効果は人に与える印象が本名とは異なるのはもちろん、画数などによっても運命は変わっていきます。

 

この画数を軽視できないからこそ、子どもの名づけのつきに画数を気にして第一希望の漢字をやめて他の漢字や名前にする親がいたり、素人でもわかるような赤ちゃんの名づけの本もたくさん出版されていたりするのです。

 

画数を重視することによって、名前がその人を成功に導いてくれることも多く、有名な成功者の中にも良い画数である人が多いことが調べてみるとわかります。

 

そういった意味でも、まずは成功に導いてくれる可能性の高い名前を付け、自分自身でも努力を重ねることによって、よりビジネスでのチャンスをつかんだり、活躍したりする機会を増やしていきやすくなるでしょう。

 

参考記事:開運できるビジネスネーム!その効果を証明します。 (uranaiya-hoshizora.com)

 

 

 

ビジネスネームの決め方はある?

ビジネスネーム決め方

ビジネスネームを付けて仕事をしたいと思う人が一番気になることが、ビジネスネームの決め方なのではないでしょうか。

 

せっかく仕事を始めるにあたって決めたビジネスネームなのに、それがビジネスにとって良くない名前であったりしたら嫌ですよね。

 

そういったことにならないためにも、自分の希望も取り入れつつ仕事が成功しやすいビジネスネームを決めていくのがおすすめです。

 

名前の決め方では自分が気に入るかどうかやそのビジネスネームが与える雰囲気については直感でわかりますが、本当に画数が良いのか、他の視点から見た運勢などは素人には難しいでしょう。

 

ビジネスネームを決めるのは意外と難しいことで、それらのさまざまな要素も重視していく必要があります。

 

つまり、長く仕事で使いたいビジネスネームの決め方は、自分ひとりだけではなくできれば詳しい人に見てもらった方が良いということになります。

 

自分だけでは決められない理由や、重視するべきポイントもしっかりとおさらいしてみてくださいね。

 

 

印象の良い字を使う

ビジネスネームの決め方では印象の悪い漢字を使うことは避けた方が無難です。なぜなら、例えそれがビジネスネームとしては良い運勢だったとしても、人に与える印象が悪ければ何の意味もなくなってしまうからです。

 

もちろん、それにも例外はあって芸人でその名前が自分のキャラに直結するからそのビジネスネームで売っていきたいという場合には、インパクトを重視して運勢とも相性が良ければ使っても構わないでしょう。

 

印象の良い字の感覚は人によって異なるかもしれませんが、それを使うことによって仕事ができそうなイメージを与えたり、人柄が良く見えたりする効果もあります。

 

実際に、多くの人が綺麗な名前だと感じるビジネスネームを使うと、なぜかその人の印象がアップしてしまいますよね。特に、顔が見えないWeb関係のフリーランスの仕事では、このビジネスネームが与える効果もかなり大きいはずです。

 

 

姓名判断で吉名になる名前を使う

占いに行ったりネットで占いをしてもらったりすると、名前を聞かれることが多いですよね。その名前はただ顧客として聞かれている訳ではなく、実は占いをする際に姓名判断が必要だから聞かれているのです。

 

名前には吉名と凶名があり、できるだけ凶が少ないビジネスネームを選ぶべきです。残念ながら、凶がまったく入らない名前というのは少ないのですが、それでも凶や大凶が少ない名前を選ぶべきです。

 

ネットにも画数を判断してくれるサイトはありますが、素人が一つひとつ入れているとかなりの時間がかかってしまい、良い名前が見つからないと投げ出したくなり、「もう本名でも良いかな」という気持ちが強くなるかもしれません。

 

そのようなときは、名付けのプロである占い師を頼るべきです。占い師であれば内容によるかもしれませんが、対面の占いでもすぐに答えを導き出してくれる実績を持っていますよね。

 

このときのポイントは、占い師なら誰でも良い訳ではなく、きちんと姓名判断やビジネスネームに強い占い師を選ぶことです。

 

 

開運の星である五行を取り入れる

五行という言葉は聞いたことがない人もいるかもしれませんが、元々は古来中国の思想から来ているものです。

 

その五行がビジネスネームの決め方にどのように関係するのかと思う人もいるかもしれませんが、この五行の木火土金水の5つの元素は実は陰陽道で運勢を決めるのに深く関わっているとされているのです。

 

したがって、占い師も五行を重視して運勢を判断し、五行姓名判断では宇宙や大地と自分のバランスを見てビジネスネームが決定されます。

 

自然界のものとされる五行を取り入れてビジネスネームを決めることによって、自分自身の運勢も良い方向に切り開かれていくのです。

 

 

ビジネスネームの決め方でおすすめなのは占い師へ依頼すること

ビジネスネーム決め方

自分と一緒に仕事をするビジネスネームは自分で決めたいと思う人が多いと思いますが、おすすめなのは占い師に依頼をしてビジネスネームを決めてもらうことです。

 

占い師に依頼すると高いかもしれないと思うかもしれませんが、占い師は単純にビジネスネームを作成するのではなく、さまざまな占いを行ったうえで自分と相性の良いビジネスネームを見つけてくれます。

 

それを考えると、決して高い金額とは言えないですよね。今、ビジネスネームの決め方で悩んでいたり、仕事が上手くいかなかったりする人は本名が原因である可能性もあるので、思い切って占いでビジネスネームをつけてもらってみてはいかがでしょうか。

 

 

実績300件間近!ビジネスネームを決めるなら占い屋ホシゾラがおすすめ

ビジネスネーム決め方
占い屋ホシゾラはWebサイトで完結する、ビジネスネームや屋号作成のプロです。Webサイトもおしゃれで人気があり、口コミも豊富なのでビジネスネームの満足度の高さがわかります。

 

さまざまな業界の屋号や社名を名付けた実績も豊富で、作成を依頼したい内容に合うようにセット割などお得なプランがあるのも嬉しいですよね。

 

「姓名判断を使った開運できる運の良いオンリーワンのビジネスネーム作成」とサイトにあるように、依頼すれば必ず自分らしい名前を見つけてもらえるでしょう。

 

代表者にはさまざまな占いが依頼できるので、ビジネスネームの実績も豊富で現在の実績は400件を目前としています。

 

占い師が多数集まるクラウドソーシングと違い、年間で50件程度の依頼を受けていることから一つひとつの依頼を丁寧にこなしているという印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

Webサイトがキレイなので、これからオンラインショップを経営する女性人気も上がっていきそうです。

 

実際に、占い屋ホシゾラでビジネスネームを作成してもらった人の3つの口コミをご紹介します。

・ビジネスネーム作成後の感想:良い名前に決まり大変嬉しいです。これからの自分自身がとても楽しみになりました! (uranaiya-hoshizora.com)

・ビジネスネーム作成後の感想:音のキレイなビジネスネームを作っていただき大満足です。 (uranaiya-hoshizora.com)

・ビジネスネーム作成後の感想:新しい名前で呼ばれるようになり、私自身も名乗るたびに気分が良くなっています。既に運気が上がっている気がします。 (uranaiya-hoshizora.com)

 

 

決め方に迷っていた人も!自分の納得するビジネスネームで仕事をすることが大切

ビジネスネーム決め方
ビジネスネームの決め方は自分だけではなく人からの印象も大きく変わるので、難しく考えてしまいがちです。

 

人によっては自分のビジネスと占いがつながらず、ビジネスネームを占い師に依頼するという発想がなかった人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、自分で考えるのが難しいからこそ、頼るべきなのは姓名判断や五行、ビジネスネームの作成実績が多数あって知識が豊富な占い師なのです。

 

最近はコロナ禍でWebでの手軽な占いが増えていますが、大切なビジネスネームを安価な料金を支払うという方法で決めるのは、やめておいた方が良いでしょう。

 

クラウドソーシングは本物の占い師もいるかもしれませんが、全体的に料金が安いうえにホームページの記載もない占い師が多いですよね。

 

そのような占い師は実力がわからず、趣味で占いをやっていたり勉強しながらやっていたり、最悪の場合は素人が占い師の振りをして登録していることもあるかもしれません。

 

残念なことに、ビジネスネームではないですが一部の占いについて「最短5分で結果を送れる」とか2回依頼したらまったく同じ内容のコピペの占い結果だったという声もあります。

 

そういったことを考えると、しっかりとしたホームページがあり、お客様の声も数多く掲載されている占い屋ホシゾラはビジネスネームをつけたい人にとって信頼できるWebサイトだと言えます。

 

依頼者とも向き合って話を聞いてくれるため、自分が気に入って運勢も良いビジネスネームをつけられるはずです。

 

ビジネスネームは後から「別の名前にすれば良かった」と後悔したくないものですよね。だからこそ、納得のできる名前をつけることが大切です。

 

気に入った名前であれば仕事のモチベーションもアップして良い運勢になることが想像できるので、ぜひ占い師からの提案を参考にしながらビジネスネームにはこだわってみてください。

 

 

おわりに

ビジネスネーム決め方

ビジネスネームの決め方に悩んでこれまで仕事上の名前を付けることに踏み出せなかった方も、占い師がサポートしてビジネスネームを付けられることがわかると安心ですよね。

 

ビジネスが上手くいかなくて「自分に合わない職場かもしれない」と悩んで退職をしてしまったりすると、職歴として残ってしまって年齢を重ねるにつれてどんどん不利になり、書類選考にも通らないことになるかもしれません。

 

もちろん、書類を出すときは本名ですがビジネスを行うときにビジネスネームを使っていたら、そのときの仕事には影響が出る可能性があります。

 

ビジネスネームを決めて使ってみたからと言ってすぐに仕事運が上がる訳ではないですが、その名前が自分に馴染んでくるとだんだんと運気が上がってきます。

 

占い屋ホシゾラのホームページでは主観的なところだけでなく、コラムや口コミを見ることで客観的にビジネスネームを付けてもらった人がどのように感じたのかを知ることができます。

 

仕事や生活を楽しむためにビジネスネームの決め方に悩んでいた人は、ぜひビジネスネームや屋号・社名の名付けとして評判の高い占い屋ホシゾラに依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

まずはサービスの詳細を見てみましょう!⇒ビジネスネーム作成依頼

-ビジネスネーム

© 2024 占い屋ホシゾラ