コラム

良い名前、悪い名前

2021年8月12日

良い名前とは、画数が良い名前の事では無く、自分に合っている名前の事です。
悪い名前とは、画数が悪い名前の事では無く、自分に合っていない名前の事です。
同じ名前でも、片方は運勢が良い、もう片方は運勢が良くないと分かれるのは、
自分に合っている名前だから、または、自分に合っていない名前だからです。

 

良い名前、自分に合っている名前と言うのは、
自分が持っている能力・才能を遺憾なく発揮できる名前の事。
悪い名前、自分に合っていない名前と言うのは、
自分が持っている能力・才能を発揮しづらい名前の事。

 

例えば、あなたに文学の才能があったとして、
良い名前であれば、文学の才能が遺憾なく発揮される。
しかし、名前が悪ければ折角持っている文学の才能が
発揮しづらくなる。

 

折角持って生まれた才能を、眠らせておくのはもったいない。
良い名前であれば、あなたの才能は開花する。
悪い名前であれば、あなたの才能は100%発揮出来ない。

 

次に、良い名前と言うのは、評価されやすい。
逆に、悪い名前と言うのは、評価されづらい。

 

同じ実力を持つ者でも、何故か評価・受けが良い人、
何故だか評価・受けが良くない人いうのは名前の差でもある。
自分に合った名前であれば、評価・受けは良い。
自分に合った名前でなければ、なかなか評価されない。受けが良くない。

 

鈴木一朗は姓名判断的には、芯はあるものの周囲に振り回されやすく、運勢が弱い名前。しかしイチローとなり、強運でピカイチの改革力を持つ運勢を手に入れた。
鈴木一朗は評価されにく、イチローは評価されやすい。

 

名前が自分に合っているか、いないかは姓名判断で分かる。しかし、一般的な画数による姓名判断では分からない。なぜなら、名前の画数しか見ていないから。良い名前でも自分に合っているとは限らないし、悪い名前でも合っている場合がある。もちろん、ベストは良い名前でかつ、自分に合っている名前である。自分の才能を遺憾なく発揮するには、もう一つ名前を持てばよい。改名せずとも、セカンドネーム所謂、ビジネスネーム・ペンネームでも可能である。

 

あなたの才能が遺憾なく発揮される⇒ビジネスネーム作成依頼

 


 

 

記事をシェアして頂けると嬉しいです☆彡

-コラム

© 2021 占い屋ホシゾラ